腕を太くしたい方必見!効率的に腕を太くするための基礎知識
悩めるトレーニー

腕を太くしたいのだけど、どこを鍛えるのがいいのだろう。やっぱり力こぶかなぁ

皆さまこんにちは。今日も張り切ってバーベルを握っていますか。

私は最近筋トレができておらず、おまけに寝違えて首の筋が逝ってしまいました。こんな時は完治するまで休養します。

以前、筋を違えた状態で無理やりトレーニングをしたら悪化して、日常生活にも支障をきたすレベルにまで達したという経験があるので、寝違えた場合は無理をしてはいけませんね。

さて、今回は二の腕を効果的に太くする話をします。

腕を太くしたいから力こぶを大きくするぜぇ!と息巻いていると損をしますよ。かくいう私も過去に同じ過ちを犯していました。

上腕とは

肩から肘までの部分。つまり二の腕ですね。

二の腕は上腕二頭筋と上腕三頭筋で構成されています。

二頭筋はいわゆる力こぶの部分、そして三頭筋はその反対の部分。

そのうち、今回の記事の主役である上腕三頭筋は長頭短頭(外側頭・内側頭)があります。

上腕の2/3は三頭筋

意外かもしれませんが、二頭筋よりも三頭筋のほうが割合がだいぶ大きいのです。

知っていましたか?私はそう教わるまで知りませんでした(照)

三頭筋の大きさを知らないがゆえに、「腕太くしてぇ!!」と言いながら上腕二頭筋を鍛えまくっている過去の私のような方が大勢いますが、それだけでは太くなりにくいです。

三頭筋を決して無視してはいけません。

力こぶの大きさを競いたいのであれば、二頭筋の筋トレを主にするべきですが、上腕自体の太さを太くしたいのであれば、2/3を占める三頭筋を優先的に鍛えるのが最も効果的です。

まとめ

  • 二の腕を大きくしたいなら三頭筋が超重要
  • 上腕の2/3は三頭筋

いかがでしたか。

今まで二頭筋を必死に鍛えて「あんまり太くなんねぇな?」と思った方は、ぜひ三頭筋のトレーニングをしてください。

三頭筋のトレーニング方法については公開出来次第アップしますね。