公営?パーソナル?暗闇系ってなに?ジムの種類をご紹介!

今現在、都心・郊外・地方関わらず、様々な形態のジムが乱立しており、世はまさにジムの開店ラッシュ時代。

よっぽどのことがない限り、あなたの近所にもきっとあるはず。よっぽどのことがあった場合は申し訳ありません(陳謝)

それと同時に「いったいどんなジムがあるのかわからん」問題と「結局どこにすればええねん」問題が出てきます。

それぞれが特色を持ち、トレーニーのあらゆるニーズに対応してくれるようになってきているのもあり、選びきれないという理由でジム難民も多数いらっしゃいます。

人間とは不思議なもので、選択肢が多ければ多いほど迷いが生じる生き物なのです。

そこで今回はどういったジムがあるのか、そのへんをクリアにするため、おおまかですが紹介していきたいと思います。

公営ジム

特徴

  • とにかく安い
    自治体などが運営しているため、割安。長く続けるには金額というのは切っても切れない関係で、いくら設備が素晴らしくても家計を圧迫するような金額なら続けられないですよね?
  • その都度支払い
    月会費ではなく、行った回数だけ支払うことがほとんど。
    その気軽さが人気。
  • おじ様おば様が多い
    健康維持、健康増進のために運動をするご高齢の方々が多いのも特徴。井戸端会議、動きがスローということもあり、セットが長い場合がある。
  • 施設は最低限
    もちろんハーフラックやスミスマシンがあるところは限られた施設のみ。ほとんどはダンベルやベンチプレス台、あとは最低限のマシンがあるのみ。
    ガチでやりたい人には向かない可能性が高い。が、最近は民間に委託して設営しているところもあるようで、そういった場合は公営なのに設備がいい!ということもあります。そういうところが近所にあれば超ラッキーね。

こんな人にオススメ

  • とにかく安価に済ませたい人
  • マシンにこだわりがない人
  • 試しに「ジム」というところに行ってみたい人

会員制ジム(24時間営業含)

特徴

  • 初心者から上級者まで様々な会員がいる
    つまり初心者からスタートして、努力をすれば上級レベルまで這い上がれる可能性がある。あと、シンプルにデカい人おるのでモチベあがる。
  • 年配の方は少ない
    ゼロではないが、少なくとも公営ジムで行われるようなマシンを取り囲んだ井戸端会議の開催は皆無。
  • マシンが充実
    スミスマシンやハーフラックをはじめ、フリーウェイト、マシンを多く取り扱っていることが多く、トレーニングの幅が広がる。
  • 24時間365日営業しているところもある
    「平日休みだろうが夜勤明けだろうが行きたいときに行ける」というのが最大の特徴
  • ほとんどの場合、月会費制
    行っても行かなくてもお金がかかるので「行かないともったいない」と思ってしまいがち。だが、それが強迫観念となり「しぶしぶでも通う」メリットにも繋がる場合あり。
  • 主(ぬし)がいる
    主というのは「いつどのタイミングで行ってもなぜかいつもいるあの人」のこと。
    いつ仕事していつ家に帰ってんの??っていう人がどのジムには一人はいがち。
    そしてコミュニケーション能力にも長けているのか、会員に知り合いがたくさんいる。

こんな人にオススメ

  • 一人で黙々とトレーニングが出来る人
  • 本気でトレーニングを始めるつもりの人
  • 比較的安価に済ませたい人

パーソナルジム

特徴

  • 費用は高め
    会員に直接指導をするため、費用は高め。
  • 効果は最大
    体質や生活リズム、目標などは人それぞれ。ひとりひとりに合わせた最適なトレーニングプログラムや食事プログラムを組み、二人三脚で行うことが多いため、成果が得られやすい。
    また、費用が高めなので、なんとしても成果を得ようと無我夢中で努力できるというのも特徴。
    これでダメならたぶん何をやってもダメ。

こんな人にオススメ

  • なんとしても目標達成したい人
  • 一人では頑張れない人
  • 挫折しがちな人
  • 手っ取り早く成果を求める人

その他ジム

冒頭にもお話ししましたが、ジムが乱立している今、差別化を図るために特徴的なサービスを提供しているジムが多数出現しています。

ここではその一部を紹介していきます。

  • 女性専用ジム
    読んで字のごとく、女性専用のジム。
    異性の視線を感じることなく、のびのびとトレーニングに励めるので、女性からの注目度はうなぎのぼりです。
  • 暗闇フィットネス
    暗闇、大音量のBGMという非日常を味わいながらテンションあげまくりでトレーニングをするジム。とくに有酸素運動やストレス発散を求める人に大人気。
    暗闇筋トレ・暗闇バイク・暗闇トランポリン・暗闇キックボクシングなど、様々な暗闇系のフィットネスがあります。
    【関連記事】
    【大流行】暗闇系フィットネスとは?オススメのジム紹介
  • 高地トレーニングジム
    「まるで高地でトレーニングしているかのような効果」を得られると欧米で大人気のフィットネス。最近日本にも上陸した模様で、大注目のフィットネス。

どのジムを選ぶべきか?

まず考えなければいけないのが

  1. 現在の環境で通いやすいか?
  2. 続けられるか?
  3. 設備や営業時間は満足できるか?
  4. 成果を見込めるか?

など、目標を達成することが出来るかどうかの判断が重要になってきます。

ジムの選び方については【ジム選び】どのジムに通えば良い?絶対に失敗しないジムの選び方に詳しく記載していますので、興味がある方は覗いてみてください。

ぶっちゃけ「やってみたい」「試してみたい」と思うところを(もちろん通える範囲内で)片っ端から体験してみるのが一番の近道だと私は思います。