女性専用ジムを選ぶ3つのおすすめポイント

頑張ってジムに通おうとしている♀ですけれど

「他会員のゴリマッチョこわい」

「異性の目が気になる」

「なんならトレーナーでも異性ってだけで無理」

あんこ正常

声かけがあったりしたらもう最悪ですわね

そんな女性にオススメしたいのが【女性専用ジム】。

女性専用ジムとは

その名の通り、女性専用のジムなの!!あたりめーだろ!!という声が聞こえてきそうですが。

基本的にはパーソナルジムに多い形態なので、お値段は公営ジムやよくある会員制ジムよりはお高めに設定されていることが多いですね。

会員だけでなく、ジムによってはトレーナーも女性のみというところもあったりします。

もちろん女性専用ということもあり、女性が通いやすいポイントやメリットが多数あるので気になっている方は要チェック。

メリット

  • 異性の目が気にならない
  • 女性特有のお悩みに強い
  • トレーナーが女性のみのジムもある(つまり全員女性)

異性の目が気にならない

通常のジムですと、どうしても異性の視線を感じがち。

「見られてナンボ」「見てよこのボディ」という、逆に見られることを前提にしている方もいるっちゃいる。が、そういった方々は「すでにある程度仕上がっている」人であることがほとんど。そうでない方もいらっしゃいますけども。ごく稀。

おそらくジム初心者の方でそういったマインドの持ち主さんはほぼ皆無なのでは。

実際には見られていないかもしれない。しかし「見られてるかも!!ビクビク」という気にさせられる環境ではあるので、それによってトレーニングに集中できない方が多数いらっしゃることは事実。

女性専用ジムにはそういった不安要素がないため、集中力が高まり、それと同時にトレーニング効果も高まります

女性特有のお悩みに強い

男性と女性では体質も違えばお悩みポイントも違います。

お尻や二の腕のたるみ、下半身痩せ、産後のダイエット、むくみなどは男性はあまり気にしていません(たぶん)。

女性専用ジムは、女性をターゲットとしているだけあって「世の中の全女性のお悩みはお任せあれ!!」というスタンスで運営しているので、そういった点でも安心感が段違い。ダンチ。

トレーナーが女性のみというところも

トレーナーも女性でないとヤダ。という方ももちろんいます。

女性同士で共感できることもたくさんあり、同性ということで「良き先生であり、良き友に」ということだってあるかもしれません。

なにより自分のコンプレックスを異性に打ち明けるのってとても勇気のいることですが、女性になら言いやすいですよね。

「その悩みわかりすぎます!一緒に頑張りましょう!」と共感してくれるだけで嬉しいって女性専用ジムに通ってる人が言ってた。